電車2題

先週は東京で会食の後、浜松に芝刈りに行くので東京で

一日空いてました。カミさんと美術館でも行こうかと相談して

いましたが 朝飯のあと不覚にもうたたね、出そびれて

しまったので 池袋方面に昼飯がてらブラブラ。東池袋の

そば屋で腹ごしらえして ふとカミさんが荒川線乗ってみようか

と言い出しました。ちょうど東池袋の道の両側に上り下りの

駅があり時々電車が通るのを見かけていましたが 乗ったことは

ありませんでした。けっこう頻繁に電車がくるようで 駅に

行ってみたら 大塚方面行きがもう来ていたので飛び乗り

ました。都電ってSUICA使えるのね。
都電青先頭
運転席
当然ワンマン運転で前乗りで料金を払い後から降ります。

車内に掲示してある路線図。
都電路線図
都電荒川線というのが正式名称のようですが 愛称は 

東京さくらトラム というようです。早稲田から三ノ輪橋まで

30駅をつないでいます。今回は東池袋4丁目で乗車して

西の終点三ノ輪橋まで往復しました。基本は電車だけの

独立路線ですが 途中の飛鳥山あたりで何百メートルか

自動車と並走する区間がありました。
路面部分
昔の名古屋でも走っていた かつての路面電車はどこも

こうなっていて自動車が増えるにしたがって 電車が邪魔者

にされて消えていったのですね。確かに右左折なんかでは

真ん中の電車は邪魔になりますね。終点の三ノ輪橋まで

地下鉄、JR、京成などの路線との乗り換駅を経ながら

進みます。それぞれの駅に昔は賑わっていたであろう

商店街が車窓から見られます。荒川遊園地前では多くの

子供連れが乗降しました。土曜日の昼下がりでしたが

入れ替わりは激しいものの結構な乗車率でした、生活に

密着している路線なんですね。終点三ノ輪橋では降車ホーム

の先に始発の乗車ホームがありました。
都電終点
都電終点2
ちょっと驚いたのは 古い車両が走っているのかと思い

ましたがすれ違うのはすべて新しい車両で外装は思い思い

のスポンサーデザインをまといどれもなかなか魅力的でした。
都電赤
都電

都電レトロ
これは少しレトロっぽい車両。

片道40分ほどのプチ電車ハイクでしたが普通の電車とは

違う地域密着の雰囲気が感じられちょっと癒されもしました。

 ところ変わって浜松です。いつもは浜松駅周辺に宿をとり

ますが今回はゴルフ場に少しは近いホテルを予約。

遠鉄(遠州鉄道)の美薗中央公園駅まで乗車です。

浜松にいたときは何回か乗ったことがありましたし 昨年

ユタカさんの30周年記念ラッピング車両に乗りにきたことは

ブログに書きました。JR浜松駅の西側にJRの線路と直角に

遠鉄(通称赤電)の新浜松駅があります。
新浜松駅赤電
昔はここに駅はなく東京よりに急カーブして馬込川辺りに

終点があったそうで、これも昔ブログに書きましたね。

日曜日の午後なので2両連結でした。通勤通学の混雑時には

2両を連結して4両運行です。車内掲示の路線図です
赤電路線図
新浜松から終点西鹿島まで18駅です。美薗中央公園駅は

14番目です。発車してしばらく車内を見回していましたが

扉の横の広告に目が留まり・・。
赤電広告
おやっ とよく見てみると。
赤電広告アップ
赤電と青電?赤電は終盤に差し掛かった女城主直虎記念の

ラッピング電車、青電はというとユタカさん30周年記念の青電。

HOサイズの模型を作って販売しているそうです、へー。

以前この電車に乗りに来た時に同じHOの模型を頂きましたが

これはT橋さんの手造りと聞きましたが それが量産

されたのですね、すごいね。もう売切れちゃったかな。

赤電も荒川線と同じような待ったりした雰囲気のなかで

ノンビリ走っていました。

 翌日はお天気下り坂の中で芝刈りスタート、途中で

降り出したがなんとかずぶぬれになる前にフィニッシュ。

帰りの新幹線ではお約束のこれ。
ウナギ弁当
ここのウナギ弁当は冷めてもおいしいです、ご馳走様。

今度来た時は まだ乗っていない浜松の周辺をグルっと

まわる 天竜浜名湖線にぜひ乗ってみたいですね。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

yamamototaku

Author:yamamototaku
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード