真空引きです。

コンプレッサーをベルトにかけて張力を調整しました。
ベルト張力調整
と言っても冶具があるわけでもなく ベルトが滑らない程度

に適当に引っ張っておきました。あとは作動させて様子を

みます。冷媒の注入の準備のために配管内の空気を

真空ポンプで抜きます。圧力計の針は数分でマイナス側に

落ち着きますが 漏れがないかどうか 一晩様子を見ます。
真空引き
3時間ほど経過しましたが 針は動かないので 漏れは

無さそうです。いよいよ冷媒の注入です。

 イギリス旅行ですが 今回の観光ルートはこれです。
旅行ルート縮小2
今回のメインはコッツウォルズと湖水地方 それとグッドウッド

フェスティバルオブスピードという自動車イベントです。

ヒースローに着いてレンタカーを借りるまでは書きましたが

もう夕方なので ヒースロー近くのホテルに宿泊。
ヒースローの宿
こんな感じのビジネスホテル風でした。翌朝 散歩して

みるとホテルの周りはもうこんな田舎。
ヒースロー宿近郊
一日目からイギリス気分満喫です。この日はのんびりと

オックスフォードを見物して HUMのあるスィンドンの

スタントンハウスホテルに泊まります。

オックスフォードはもう30年近く前に 当時のオースチン

ローバーとのジョイントプロジェクトの初期段階で

3ケ月以上の長期出張で滞在した街です。最初の

海外出張もここでした。当時の記憶も薄れ 町も

随分変わったようですが 歴史的建造物は相変わらず

壮観なもんでした。これはクライストチャーチです。
クライストチャーチ3
クライストチャーチ1
クライストチャーチ2
カミさんはアラバマに駐在したときに一緒に来てくれた

以外は海外旅行のひとつも連れて行ったことがなく 

今回の計画も 彼女の好きなピーターラビットとか庭園を

見て回ることで ちょっと罪滅ぼしって感じでした。

スタントンハウスホテルは仕事でよく泊まりましたが

雰囲気のよい気に入った宿でしたので 今回も

コッツウォルズの途上で立ち寄りました。

 コッツウォルズでは現地のトッテオキコッツウォルズツアー

というガイド屋さんに二日間案内してもらいました。

朝待ち合わせた町はBibury でした。
bibry2.jpg
bibury.jpg
このBiburyはウィリアムモリスにイギリスで最も

美しい町だと賞賛されたそうで この建物は特に好まれた

そうです。

こういう観光客の集まる有名な場所以外に人影まばらな

集落とか 荘園とかお城とか 二日間目一杯案内して

もらい満喫しました。この後湖水地方ですが続きは次回。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

楽しまれたようで何よりです。
FMMは少雨決行しました。
(≧∇≦)
プロフィール

yamamototaku

Author:yamamototaku
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード