冷媒注入準備

都市対抗も昨日鈴鹿が負けてしまい3チームとも2回戦に

進めませんでした。選手も頑張ってくれましたがまた来年に

期待です。応援していただいた皆さんもお疲れ様でした。

 ということで作業再開です。いよいよ冷媒の注入ですが

まず準備です。真空ポンプでクーラ―システム内の空気を

抜いてから冷媒を注入するために専用の注入冶具を

セットします。
冷媒注入セット
この冶具で低圧側、高圧側、冷媒のタンク、真空ポンプを

連結して順番にバルブを操作してシステム内に冷媒を

充填していきます。その前にコンプレッサーのベルトがけ

をします。まず自動クラッチ用のポンプに

かかっているベルトを外します。
ベルト
このベルトは下にあるサスとかブレーキとかステアリングに

油圧を供給しているポンプのプーリーから駆動されて

います。それをこの長いベルトに交換します。
ロングベルト
これで自動クラッチのポンプとコンプレッサーの両方を

駆動します。
ベルト3点がけ
プーリーの巻き角度が少ないのが気になりますが

クラッチポンプの駆動トルクは小さく コンプレッサーも

軽自動車用のロータリー式なので こちらの駆動トルクも

小さいので ベルト滑りとか音とかの不具合は出ないと

思います。これでベルト張力を調整したら 真空引きして

漏れが無ければ 冷媒の注入です。今日の作業はここまで。

 先日ドームに応援に行ったら 最近クーラー設置の話題

ばかりで面白くないという意見を頂きました。確かに

最近は修理工場のブログのようになってますね。(M井さん

失礼しました。)ということで そのうちアップしようと

思っていたイギリス旅行ネタを少し紹介します。

 イギリスではレンタカーで移動しましたが アメリカでも

よく使っていたハーツのヒースローに予約を入れていました。

空港からハーツの循環バスで10分程度で空港そばの

事務所に到着。カウンタ―で予約書を見せると 予約は

OKでしたが ナビ付を要望してあったので 後付の小さいNAVI

じゃなくて車載のNAVIがいいよね・・・とか言って受付の

お姉さんが見せてくれたのがメルセデスEクラス4D。とっても

でかい。これじゃなくてAUDIのA4を指定してあったのに と

言っても 無いからほかの車を探すからちょっと待ってな・・

といわれてしばし待つと 出してきたのが これでした。
メルセデスE350d
メルセデスリア
同じメルセデスのE350dカブリオレでした。4Dよりは全長は

かなり短く屋根も開くので しょうがないか・・・とOKしました。

契約書にサインして いざスタートしようと思いましたが

センターコンソールにシフトレバーもスイッチもありません。

いろいろ試してもダメなので 結局 また事務所に行って

ギアはどうやって入れるんだい・・なんて間抜けな質問を

したら 欧州車はウィンカーレバーは右ハンドルも

左ハンドルもコラムの左に出ていますが 右側にウィンカー

と同様のレバーがあり それを操作するとギアが入ることが

わかりました。帰国までに1000マイル走りましたが 

このレバーでずいぶん混乱しました。ウィンカーと間違えて

このレバーをさわってしまうとニュートラルに入ったりして

急に減速してしまいランダバウトで大慌てでした。

 このE350dはディーゼルターボの3.5Lと大きなエンジンですが

ちゃんとアイドルストップが付いていて 1000マイル走行で

平均燃費は15.1Km/Lと優秀でした。このカブリオレは

コンソールのスイッチで1分足らずで開閉できますが

開けた時にはトランクの上半分まで幌が侵入してくるので

スーツケースをトランクに入れているとオープンに

出来ないのが玉に瑕でした。それでも晴れた日に

屋根を開けてのんびり景色を見ながら走るのは

快適でした。でもこのメルセデスの料金はAUDIの倍でした。

イギリス旅行の話題はまだ続きます。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

yamamototaku

Author:yamamototaku
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード