秋の田の・・。

台風が近づいてくるとの予報ですが今日はちょっと暑い

秋晴れでした。朝 カミさんとゴルフの練習に行き

帰り 運転はカミさんに任せて 私は家まで散歩。

この辺りは結構田んぼとか畑が多いので いまは

稲刈りの真っ最中。稲を刈ると田んぼの虫たちが

地表に掘り返されるのか シラサギが群れでコンバインの

周りに集まっていました。
田んぼにシラサギ
段々と陽が落ちるのが早くなり秋本番ですね。
スポンサーサイト

DS復活

今日は晴れて良い天気でした。

近くですがDSで乗り出しました。。
DS復活
ほぼ半年ぶりでしたので 最初はシフトの度にガクガク

させましたが すぐに元通りにスムーズに操作できるように

なり 完全復活です。

ウィンカー修理完了

今日も東京まで出かけたので作業は夜。外したウィンカー

ユニットを分解。内部はこんな構造。
ウィンカー内部
左のレバーを左に回転(左折)させると・・。
ウィンカー作動
細い二本の端子に太い円柱状のものを押し付けて短絡

させる単純な構造です。レバーを引くことで 白く見える

金属板を手前に変形させて 前後面を覆っているカバーに

取り付けている端子に接触させてホーンを鳴らします。

奥に押すとパッシングです。

不作動の右ウィンカーの端子を

調べてみると導通がありません。どうやらジョイント端子の

金具が汚染されていて導通していないようです。
カプラー
真ん中のこちらを向いているカプラーです。金具は

銅系の金属でしょうから緑青か何かで導通しないようです。

この際全部の端子をやすりで磨いてラスペネを噴いて

再組、ウィンカーの作動復活です。
ウィンカー点灯
緑の点滅がウィンカーの作動表示ですが 昔の欧州車に

よくあるようにレバーを左右どちらに作動させても 

右左両方の緑の表示が点滅します。メーターだけ見ていると

どちら側のウィンカーが点いているかわかりません。

せっかく左右両方表示があるのにどうして左右に連動させて

点灯させないんでしょうかね。

いずれにしてもこれでようやく乗り出せます、良かった。

ウィンカーユニット外しました。

前回ご紹介したように DSは完成しましたが 右のウィンカー

が点灯せず走り出せません。保安基準違反だし そもそも

危ないです。早く直したいところですが今日は朝から芝刈り

に出かけたので 帰って来てから作業です。まずスイッチの

上のカバーを外します。手前の下からのビス二本を外して

カバーを浮かせます。
カバー外し1
メーター側が外れないので メーターの取付ビスを外して

みましたが どうやらメーター側はカバーの左右の出っ張りで

引っ掛けてあるだけのようです。エィ と左右にずらして

みると外れました。
カバー3
数字の書いてある部分はチェンジレバー用の穴です。

この部品は正式にはエレクトリカルコントロールサポートカバー

と言うようです。鉄板の芯金をウレタンでモールドしてあり

現代の常識からはのけぞるような豪華さです。これが裏。
カバー裏
カバーに感心していないで ユニットの取り外しです。

カバーを外したあとはこんな感じ。左奥はワイパー、右手前は

ライトスイッチ、右奥はATレバーです。
ユニット1
ウィンカーユニット2
締付ビスを二本緩めて 二本を外すとユニットが外れました。
ウィンカーユニット
このウィンカースイッチはホーンとパッシングも兼ねているので

ハーネスは7本も出ています。間違えないように外したカプラー

にはしっかり番号を書いたテープを貼っておきました。

このユニットはリベットでなくビス留めになっているので

メインテナンス可能な構造のようです。今日はここまでで

ユニットの分解修理は次回。

小トラブル

この週末 宇都宮はまずまずの天気で ようやく完成した

DSをガレージから乗り出しましたが 最初の右曲がり角で

トラブル、ウィンカーが出ません。左は出ますが右はメーター

内のインジケーターも点きません。フェンダーを再組した後

ウィンカーを付けたときは 左右ともちゃんと点灯しました。

球切れを疑い まず外していたフロント側をチェックしましたが

バルブはちゃんと点灯します。それでは後ろのバルブを疑い

ましたがこれも大丈夫。ここで止めればよかったのですが

トラブルシューティングのために正常に点灯する左側のリア

を外してみました。リアに不具合があるとフロントも点灯

しなくなるかを確認したかったのですが これが失敗。

DSのリアウィンカーはルーフ左右にあります。
リアウインカー
取り外しは引っ張り出すだけ。
リアウインカー外し
バルブを外しているとアララ、切れちゃいました。
切れた線
仕方ないので半田で修復。
線修復
結局余計なトラブルを起こしただけで バルブとハーネスには

問題なし。あとはウィンカーSWユニットの不具合が

考えられます。このパネルを外して確認してみます。
インパネ
左手前のレバーがウィンカーです。まだこのパネルが

外せていません、次回乞うご期待。

いっぽうG4に小トラブル。このG4はフォードのZ-tecエンジン

を載せていますが エンジン高を下げるために ドライサンプ

にしています。下から覗いてみるとこうなってます。
ドライサンプ
両端に赤い金具が付いているサスメッシュホースが別体の

オイルポンプから小さいオイルパンに戻るオイルラインです。

この両端のジョイントからオイル漏れがしていました。あいにく

リフトの上にG4を載せて 下にエクシジを置いていたので

エクシジのリアハッチにオイルが垂れていたので気づきました。

ジョイントを増し締めして 漏れは収まりましたが 今後の

ためにエンジン下にトレーをぶら下げました。
オイル受け
これで下に垂れることは防げますが また漏れ始めたら

ホース交換ですかね。
プロフィール

yamamototaku

Author:yamamototaku
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード